ニュース

このたび城に大変縁の深い宮本武蔵の武将印を取り扱い開始いたします。

多くの方が知る「巌流島の決闘」のみならず、あまり知られていませんが、宮本武蔵が生涯のうち約8年と最も長く過ごしたのが、ここの地です。

また、武蔵の養子、宮本伊織は藩の筆頭家老であり、と門司の境にある手向山は宮本家の土地であった事、その手向山の頂から巌流島を望むことができ、そこには宮本伊織が建てた顕彰碑「碑文」があり、武蔵と次郎の巌流島の決闘の様子や、宮本武蔵の事が石碑に刻まれています。

それゆえ、城天守閣前には武蔵と次郎の銅像が立っており、また、城天守閣3階は武蔵と次郎の専用の展示フロアとなっているほどです。

に大変縁の深い宮本武蔵の武将印を、ぜひ皆様方のコレクションにお加えいただけると幸いでございます。

価格:1枚 500円(発送手数料:500円)
販売日:9月4日(金)18時~

※通信販売サイトは、9月4日(金)0時〜18時までメンテナンスのため一時停止致します。
※通信販売限定となっております。

ご購入は《こちら》からお願いいたします。

更新日:2020年9月1日